株式会社アルテソリューション
 

スマートフォンの普及でWEB広告が重視される時代ですが、チラシ広告は今も欠かせない重要な広告手段です。デザインにおける重要なポイントを押さえてより効果的なチラシを作るために気をつけたいことをまとめてみました。

目次

  1. 商品やサービス価値をしっかり伝えるデザイン
  2. 実店舗と連動したイメージの訴求
  3. チラシデザインに季節感を盛り込んでみましょう
  4. 無料素材でチラシ制作をするにあたって気をつけること

商品やサービス価値をしっかり伝えるデザイン


チラシデザインを作成するにあたって商品やサービス価値をしっかり把握しておくと効果的なチラシへ導きやすくなります。まず、差別化がはかれる特徴を何点かピックアップしてみましょう。ラーメン店でしたら、他では食べられない麺やスープの特徴、または特典サービスや他店との違いを考えます。そして商品の独自性や特徴を明確にすることで、ターゲットを絞り、そしてより効果的なチラシデザインを作成することができます。


実店舗と連動したイメージの訴求


チラシデザインたけでなく、店内のイメージ作りもチラシデザインに反映させることでイメージの訴求力において相乗効果を見込むことができます。特別なイベントの告知を除いて、ターゲットに合わせた店内づくりはすでに出来上がっていることを想定すると自然に実店舗と連動したデザインになります。とにかく誰のためにチラシデザインを制作するかしっかり把握し、実店舗のイメージと連動させより印象を与えるデザインへ仕上げていきます。イメージの統一化は様々な効果をもたらせてくれます。例えばユニクロのチラシは価格の数字フォントを見るだけでユニクロとわかります。リピーターであれば、きっとチラシを一目見ただけであなたのお店だとわかるようになるでしょう。


チラシデザインに季節感を盛り込んでみましょう


チラシは一度の配布だけでは十分な効果は見込めないものです。また、新聞折込、ポスティングや手配りと様々な配布方法があり、届けられる人は様々です。チラシを手に取ってくれた人がターゲット層ではなかったこともあれば、たまたまその時だけチラシを見てもらえなかった可能性もあります。店舗の存在を印象づけるためには複数アプローチを繰り返すことは必要不可欠と言えますが、同じ内容を繰り返し告知しても逆効果を招きかねません。そこでチラシデザインに季節感を盛り込むことで同じサービスや商品を提供しながら旬のイメージを与える印象に変えることができます。季節限定のパッケージやメニューは売上に貢献する重要なポイントであり、チラシデザインをより楽しいコンテンツにする要素であること間違いありません。


無料素材でチラシ制作をするにあたって気をつけること


チラシデザインは様々なソフトで作成することができるうえに、無料テンプレートや既存デザイン素材をインタネットでたくさん見つけることができます。これらの素材には十分利用価値の高いものもありますが、なるべく全体のデザインイメージを統一化したいものです。様々なイラストレータのイラストを使用したり、または、写真のライティングがそれぞれバラバラになってしまうと、せっかく綺麗にデザインをまとめても訴求力に欠けたデザインになってしまいます。なるべく同じイラストレータが描いたイラストに統一し、また写真素材の明るさや背景カラーを統一化することで十分効果的なチラシを制作することができます。

ビジネスチャンスを逃さない!チラシデザイン スピーディ対応 印刷も対応 無料お見積致します
3大SNS Facebook・Twitter・Instagramのまとめ
日々進化しているSNSですが、Facebook・Twitter・Instagramをはじめ、世界中でSNSNを利用するユーザーが増加しています。現時点で公開されているデータをもとにまとめました。...
チラシ制作
デザインを制作するためにさまざまな便利ツールが入手できるようになりましたが、素人でも綺麗なデザインにまとめるためにおさえておきたいデザインのコツがあります。ここでプロに負けない本格的なチラシデザインの作り方をご紹介したいと思います。...