株式会社アルテソリューション
 

セリフ体とサンセリフ体の違い


日本語の明朝体とゴシック体が分類されていると同じように英字フォントもセリフ体とサンセリフ体に分類されています。特殊な書体を除き、この2種類のフォントを使い分けることで利用目的にあったデザインを作成ことができます。

セリフ体とは?



セリフとはアルファベットのストロークの端にある小さな飾りを指し、代表的なフォントではTimes New RomanやGaramond、つまり文字にウロコのある書体のことで日本語の明朝体に近い印象です。この小さな飾りは更に数種類に別れています。

オールドフェイス

ウロコが三角形になっている伝統的なセリフ体

モダンフェイス

ウロコが細い直線になっている書体

トランディショナル

オールドフェイスとモダンフェイスを合わせた形

スラブセリフ

ウロコがストロークとほぼ同じ幅

セリフ体は可読性に優れており、新聞用書体をはじめ、本文によく使用されています。また上品さ、高級感な印象をあり、ロゴや見出しに起用するとエレガントなイメージを与えることができます。

セリフ体の代表的なフォント


Times New Roman


Century


Garamond


Trajan


Didot


サンセリフ体とは?


サンセリフの「サン」とはフランス語で「無い」という意味です。つまりセリフの無い書体がサンセリフであり、日本語のゴシック体と同じ印象のフォントです。代表的なフォントではArialやHelveticaが挙げられます。サンセリフ体は親しみやすくカジュアルな印象があり、見出しやwebでよく用いられる書体です。サンセリフ体の中で特に注目したいのがコンデンスドフォント(幅が狭い)とエクステンデッドフォント(幅が広い)です。海外の広告ではコンデンスドフォントは使用される頻度が高く、特に少ないスペースでもしっかり情報を伝える必要がある場合に使用されています。


コンデンスドフォント(幅が狭い)

エクステンデッドフォント(幅が広い)



サンセリフ体の代表的なフォント


Arial


Helvetica


Futura


Myriad


Verdana




ビジネスチャンスを逃さない!チラシデザイン スピーディ対応 印刷も対応 無料お見積致します
ブラジルのイースター
イー スターエッグ...
3大SNS Facebook・Twitter・Instagramのまとめ
日々進化しているSNSですが、Facebook・Twitter・Instagramをはじめ、世界中でSNSNを利用するユーザーが増加しています。現時点で公開されているデータをもとにまとめました。...