株式会社アルテソリューション
 

グラフィックデザインは、チラシやポスターなどをデザインして、それらを目にする人々に商品やサービスが魅力的なものとして映るよう、視覚的に表現していきます。どのような広告物においても、要求されるのは“興味づけできるかどうか”であり、そのために各種の工夫を凝らしながら、グラフィックデザインしていくことで集客効果のある広告物となっていきます。

皆さまがチラシやポスターを目にする機会を思い出してみてください。きっと、そこには1枚のものがあるのではなく、何枚もの広告物があったのではないでしょうか。そして、詳しく目を凝らして内容を確認したものは、そのなかの1~2枚ほどだったと思います。グラフィックデザインの大切さとは、その1~2枚になり得るかどうか、とご紹介すれば、もっとイメージしやすいのかもしれません。

売れるチラシやポスターを作るためは、事前の準備が欠かせません。まず、何を書くか決めなければなりませんが、それは同業者に対して差別化できる内容であるとより良いメッセージとなっていきます。そして、それらのメッセージを描く全体像をイメージしていくこととなりますが、それらは実店舗と連動させられるよう、共通点を打ち出していくのがおススメです。例えば、ユニクロやマクドナルドなどはフォントや色遣いを見るだけでそれらとわかるようにデザインされています。最後に、季節感を取り入れるようにしていくと、全体的に統一感のある仕上がりとなっていきます。

実際にデザインしていくには、基本の色を決めるところから始めていきます。この点については、おそらく事前にカラーイメージを持っていると思います。そのカラーをベースとしながら、ラフ案を作成していきます。これは下書きなので、手書きでもパソコンでおおまかに作成しても構いません。気をつけるべきは、ラフの時点で決定する全体の構造は、簡単に修正ができなくなることです。下書き作業ではありますが、とても重要なステップなので、ある程度完成イメージを持ちながら作業を進めていきましょう。グラフィックデザインとして見る人を引き込むには、メリハリは欠かせませんし、揃えと整列に気をつける必要もあります。メリハリがなければ訴求力が失われますし、揃えるべきところが揃っていなかったりすると、だらしない印象を与えてしまうことにもなりかねません。

以上、簡単にグラフィックデザインのコツを紹介してみましたので、是非とも参考としながら、自分なりのデザインを作り上げてみてください。






ビジネスチャンスを逃さない!チラシデザイン スピーディ対応 印刷も対応 無料お見積致します
チラシデザインを作るためのコツ
チラシを作るためのツールはたくさんありますが、どのソフトを使っても手順をしっかり踏まえて作成すれば、プロのようにチラシデザインを仕上げることができます。今回はペットショップのオープン告知チラシの作成を例に完成までの流れを見ていきたいと思います。...
急ぎでチラシデザインを作る際気をつけたいこと
急ぎの印刷にも対応できるネットプリントですが、せっかくスピーディに印刷に仕上がってもしっかりしたデザインがなければ効果的なチラシになりません。そこで少しでも早くチラシデザインを仕上げる際、気を付けておきたいポイントをご紹介したいと思います。...
Leave a comment

Please login or register to review